第67回日本書学院展併設全日本学生書道展コロナ対策について

新型コロナウィルス感染拡大防止対策

 

 ① 3密(密閉・密集・密接)の回避

(ア) 人と人との接触を避け、対人距離(できるだけ2mを目安に、最低1m)を確保する。

(イ) 大声で会話を行わないよう呼びかける。

(ウ) 会場内が密にならないよう必要に応じて、入場制限や入場者の整理を行う。

(エ) 催事関係者及び参加者に対してマスク着用及び咳エチケットを呼びかける。

(オ) 感染症発生時、参加者と連絡がとれるよう、「大阪コロナ追跡システム」のQRコードを掲示し、登録を呼びかける。

又は、参加者名簿の作成を行う。

 

 ② 症状のある方の入場制限

(ア) 入場時、体温チェックを行う。

(イ) 発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合、軽度であっても入場しないよう呼びかける。

 

③ 消毒等

(ア) 催事関係者及び参加者に対して手洗い、手指用消毒を呼びかける。

  (主催者にて手指 用消毒用アルコールなどを設置する)

(イ) 複数の人の手が触れる場所を適宜消毒する。

 

上記条件を遵守し開催致します。

 

書道研究 日本書学院

理事長 小林保仁